FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

読書日記。

あっ、今日から水曜どうでしょうの新グッズ(?)
「どうでしょう本」の予約開始だ!
と、目覚めた時にハッ!てなったぷらこです。モーニン。


今日は読書日記。

■プルートウ 2巻 ----- 浦沢直樹×手塚治虫
■ 蛍 ----- 麻耶雄嵩


プルートウ。


アトム、キターーー!(゜∀゜)
2巻はホロリと来る場面が多かった気がします。
1巻が出てから、約半年・・・でしょうか。
かなり楽しみにしてたので
コンビニで見つけた時に「ニヤリ」としちゃいましたよ。


そういえば、浦沢作品の「MONSTER」が
ハリウッドで映画化されるという話を耳にしましたが
あの物語を、果たして約2時間という尺に納められるのでしょうか?
省いて良いシーンは、一つもないように思えるのですが。





蛍。


あー。あたしね、この作家さんの文章、好きじゃない。
でもね、結局最後まで読みました。


ミステリーです。


ある大学のオカルト好きサークルが、
過去に殺人事件のあった山奥の館で合宿をする。
その合宿中に新たな殺人事件が!
大雨によって通行不能になった麓への道、
何者かに切断された電話線。
犯人は内部に?それとも外部から?


よくある「嵐の山荘」ものですな。
特に目新しい設定ではないし、文章もキライな類ときている。
なのに、嗚呼、それなのに


騙された!!!!!


最後まで気を抜けない作品ですね、これ。
読んでて「あ、コイツが怪しい」と思った人物が
どうやら本当に怪しい人物だったのですが・・・。


読み終えた後、パラパラッともう一度簡単に読み直しました。
登場人物の関係とストーリーをしっかり頭に入れてから
再度読むと、新たに理解できる部分があったりして興味深いです。


これ、何気にスゴイ作品かもしれない。キライだけどwwwwww



登場人物も、読者も、誰も彼もが騙されるこの作品。
・・・・麻耶雄嵩・・・・あなどれないな・・・・。


ただ、ちょっとツッコミたい部分はいくつかあるし、
「で、結局どうなってしまったんだーーー!」
と、エピローグに納得いかなかったりしたんだけど。
読んでて「八つ墓村」思い出したりしたけど。



でも、一読の価値はあると思います。
スポンサーサイト

  1. 2005/05/01(日) 09:59:38|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://plastic.blog6.fc2.com/tb.php/26-c93fcfa4
08月 « 2018年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Information

ぷらこ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。